This day- 今日を旅する

With the coming of winter 冬の到来とともに


Now, in Perth it is just when the leaves fall.
The inner garden of apartment is covered with fallen leaves.
Last year I had finished student life continued from 4 years ago.
And now, while I am thinking back the past days, I am making my new website and blog.
As the website began taking on shape, I already published it. But, for the open of new blog, it will take a little more time.
Because I aim to make it by English.
Since about 10 years ago I have had both sites by Japanese.
But, this time I aimed to make both sites by English for more global site.
The creation of web site is comparatively easy, because images are main, but on the other hand, it takes more times than web site to create blog site, because the blog is built by showing mainly essay.


The Web site is simply named as “達真館 tatsushinkan”, and the Blog is named as “徒然備忘録 tsurezure bibouroku- Essays in Idleness” of blog tatsushinkan.
Each of concepts is explained in detail by each site.
New web site name is the same as old site. Old site have had no update since a long time ago, but it now remains yet, and from now on,
I will have update only about new site.

About the blog, old Japanese blog is “悠々留学絵日記 yuyu riugaku enitsuki- studying abroad diary in indolence”, and it will continues yet.
New English blog will carry articles recommended from old blog.

As each new site has link to each other site, each can enter in each other.
Moreover, I try to have an idea that each new site has Japanese explanation everywhere for Japanese.

When I firstly came here 4 years ago, I didn’t know even there was the season of fallen leaves here. So, I remember I was very happy at the first time I met the season of fallen leaves.
I cannot see flaming fallen leaves like Japan, but I feel at peace whenever I see fallen leaves, and I remember Japan every time.

Now, while I am seeing fallen leaves covering the courtyard and myself long shadow reflected on them, I am remembering a lot of fragments of memory for 4 years.
From now, like the title of blog, I hope that I join together fragments of memory appearing in my mind and disappearing, that is to say, changing with time, as writing down “memorandums in idleness”

In conclusion, last year I graduated studying about photography, and from this year, I intend to be active as a photographer.
On the other hand, also as a photographer, I am thinking much to be in idleness. Now I am thinking time is more important than anything else.

However, I am advertising a little about my photography business.
As a result, 3 pieces of my phots were used on the web site of a Japanese restaurant “Nine Fine Food”.
When the Site was completed, the members of production staffs and I were invited to cerebrating dinner by Mr. M -the owner chef, and entertained with self-praise dishes.
And on that occasion, he prepared Japanese famous Sake “八海山 Hatsukaizan” for us. Also I presented my first photo book “After Dream Before” to Mr. M.
That day, also the arrangement of wine was made, and as the conversation became lively, I drank too much.

After I woke up next morning, just as expected, I got a hangover for drinking too much. That afternoon, checking mail, good news was conveyed.
It was the news about a competition I entered about one month ago.
The competition is “The Magnum Photography Awards 2017” by LenCulture. It was the details my work attracted the editor’s attention and the web site prepared a special feature about works selected, so I was very happy.
And, the result of final screening is going to be opened on July.

At once, I conveyed the news with my thanks to Mr. M.
As I conveyed that the works were ten pieces photos inserted in my book I presented yesterday, also he was deeply gratified by the news.
I put straightaway the work “Road – Traces” in my new web site.

Now, in Perth, winter has come around at last.
The time of every year, from the end of June to July, I return briefly to Japan for management of house and car.
In Japan, the season is just the time changing from the rainy season to summer, so firstly I become flurried.
However, now I become inured to the inversion of season, I am at last beginning to relax.


On the fifth June of holiday-Australia day, it was fine, the near park was alive with family groups.
The park named as Queen’s Garden is near my apartment and located side a street buses run on. So, I often visit there.
And, on the weddings season, the open space is usually used for a wedding ceremony.
In addition, the park, like the name, has an English style garden. In the center, there is a lotus pond, and wild ducks and black swans are living.
So, the pond has a very refined elegance, and it is just the atmosphere like “Water Lily- 睡蓮 Suiren” drawn by Monet.

 

 

With the coming winter,
in the park, on the surface of pound,
the last autumn figures were reflected like a canvas, a few of wild ducks and black swans were leaving beautiful trails.

 



 

 

What is beyond the trails? What is in the future?
I was asking wild ducks the question in my mind.


And in the evening, when returning home from the park, the long shadow of winter was reflected on the grass.

冬の到来とともに

今, バースは冬の到来を告げる落ち葉の季節を迎え、アパートメントの中庭には落ち葉が敷き詰められています。
私は、昨年、四年間の学生生活を終え、今はその時間をふりかえりながら、新しいウエブサイトとブログの製作を続けている所です。

ウエブのホームページは、ほぼ形が整ってきたので、既に公開しています。プログはまだ創り始めたばかりで、公開までには、まだ少し時間がかかりそうです。ふたつとも、英語によるサイトを目指しているため、時間がかかっています。
以前から日本語版の二つは持っていましたが、今回はよりグローバルなサイトにするため、英語版としました。
ホームページは写真のギャラリーが主体ですので、比較的簡単につくることができましたが、ブログはそもそも文章が主体のものですので、これから続けていくにも、日本語版よりも時間がかかりそうです。

ホームページはシンプルに「達真館」と名付け、ブログはブログ達真館として、「徒然備忘録」と名付けています。
それぞれのコンセプトは、サイトに詳しく説明してあります。
「達真館」は以前のサイトと同じ名前です。古いサイトは、相当前から更新をしていませんでしたが、まだ存在しています。これからは新しいサイトを更新していく予定です。以前のサイトは、Windowsによるもので、また、更新も複雑でしたので、いちど更新しただけでした。当分そのサイトも残しておきますが、更新する予定はありません。
ブログについては、以前の日本語ブログ「悠々留学絵日記」は続けていきます。そのブログのおすすめの記事は、英語版に載せていくことを考えています。
二つの新しいサイトは、それぞれリンクをつけますので、いききができるようになっています。
また、日本語による説明を随所に設け、英語版を理解しやすいように工夫をしていくことを考えています。

4年前、この地に始めて来たときは、落ち葉の季節があることも知らなかったため、初めてその季節を迎えたときは、嬉しかったことを思い出します。
日本のように燃えるような色の紅葉を見ることは出来ませんが、この落ち葉をみると日本を思い出し、少しこころが和みます。

今、庭に敷き詰められた落ち葉と、その上に落とされた自分の長い影を見ながら、この四年間のたくさんの記憶の断片を思い出しています。
これからは、今度のプログのタイトルのように、つれづれなるままに、心に浮かんでは消えてゆく記憶の断片を、備忘録として綴っていきたいと思っています。

最後になりましたが、私は学生ではなくなりましたが、妻がまだ、学生として勉強を続け、学校に通っていますので、私も、この一年は、まだ、パースに残り、写真家として活動していく予定です。といっても、積極的に仕事をしていく訳ではなく、話があれば活動する程度です。それでも、手作りの名刺などで、宣伝はしています。

その成果として、日本レストランのウエブサイトで、私の写真が三枚使われました。
そのオーナーのMさんは、とても良い人で、そのサイトが完成した折りには, 私とそのウエブサイト制作会社のメンバーをレストランに招待してくれ、自慢の料理でもてなしてくれました。その際には、私が日本酒を好きだということで、銘酒「八海山」を用意してくれました。私も最初のフォトブック”After Dream Before”をプレゼントしました。その日はワインなども用意されており、話も弾み、私は飲み過ぎてしまいました。帰りは,私が懇意にしているウエブサイト制作会社の社長のHさんが我々皆を車で送ってくれました。

翌朝目が覚めると、やはり二日酔いでした。
午後落ち着いてから、メールをチェックすると朗報が届いていました。 一月程前に応募した、LensCulture の “the Magnum Photography Awards 2017”の作品が、編集者の目にとまり、そのサイトで特集してくれることになりました。それは、世界中から応募された作品の中から選抜された作品だけとのことでしたので, 大変嬉しく思いました。 また、Awardsの審査員による選考結果は、七月に出る予定とのことでした。その選考で入賞するかどうかは、まだわかりませんが、とりあえず嬉しい結果でした。

早速、前日のお礼とともにその朗報をMさんにメールで伝えました。Mさんも、その作品が、昨日プレゼントしたフォトブックの中に納められた10枚の写真のシリーズだと伝えると、大変よろこんでくれました。
その10枚のシリーズ”Road – Traces”は,早速新しいウエブサイトに載せることにしました。

バースは、いよいよ冬のシーズンにはいります。
私は毎年この時期、六月の終わりから七月にかけて、家と車のケアのため、日本へ一時帰国しています。北半球の日本は、当然ですが、梅雨から暑い夏へと変わる時期で、最初は戸惑っていましたが、今は、この季節のチェンジにも慣れ、楽しむ余裕もでてきました。

晴れたホリデーのオーストラリアデーの六月五日、近くの公園には、家族づれが集っていました。
クイーンズガーデンと名付けられたその公園は、アパートメントからも近く、バスの通り道沿いにあり、よく知っているので、よく訪れます。結婚式シーズンには、式の会場としても使われるきれいな公園です。その名のとおり、英国ふうな庭園をそなえ、その中心には蓮の群生する池があり、鴨や黒鳥が住んでいます。その池の風情は、まさにモネの描いた睡蓮の池のようです。

冬の訪れを感じさせるこの季節、池の水面はキャンバスのように、最後の秋の姿を描き出し、その中を鴨 が美しい航跡を描いていました。
その航跡の先にはなにがあるのだろうか、未来には何があるのだろうかと、私は心の中で、鴨たちに尋ねていました。
そして、夕方、公園からの帰り道、芝生には、冬の長い影が落ちていました。

 

 


Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Categories

  1. This day- 今日を旅する

    With a breath of Spring- 春の息吹きと共に
  2. That day- あの日を旅する

    Boyhood Now 少年時代
  3. That day- あの日を旅する

    Paradise city Perth. Is it true?  
  4. This day- 今日を旅する

    With the coming of winter 冬の到来とともに
  5. That day- あの日を旅する

    Perth, Past and Present
PAGE TOP